ジオスゲニンとアルツハイマー病

ワイルドヤムに含まれているジオスゲニン(Diosgenin)には、アルツハイマー病を改善する作用があるとする報告があります。



富山大学和漢医薬学総合研究所の東田千尋准教授(46)らの研究グループがヤマイモから抽出したジオスゲニンをマウスに使用した動物実験で確認したとする報告です。



アルツハイマー病を発症させたマウスにジオスゲニンを1日0.12mgずつ、20日間連続で注射しました。その後、記憶力を試すと、注射していないマウスが30分前に見た物体に初めて見るような反応を示したのに対し、注射したマウスは正常なマウスと同じく既知の物体と認識した、というものです。



これは、ジオスゲニンによって認知機能が改善されたと考えられ、しかも、現在使われている薬では変性してしまった脳自体を治せないことから、こうした認知機能の改善は期待できないため、画期的な発見といえそうです。



東田准教授によると、脳の中の情報のやりとりに重要な役割を果たしている軸索という神経細胞の突起が、アルツハイマー病になると変性してしまうことがわかっていて、それがジオスゲニン投与によって顕著に正常状態に近い状態に戻ることで認知機能の改善が期待できるとしています。



ただし、ジオスゲニンを食品としてのヤマイモから摂るとしたら、1日10kg必要だそうです。

ワイルドヤム配合サプリ 最新一覧 By 楽天



ワイルドヤムの効能 / ワイルドヤムとジオスゲニン / ジオスゲニンとアルツハイマー病 / ワイルドヤムとプロゲステロン / ワイルドヤムとDHEA / ワイルドヤムと狭心症 / ワイルドヤムの副作用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。