ワイルドヤムとプロゲステロン

ワイルドヤムに含まれているジオスゲニン(Diosgenin)を酵素を用いて工業的に変換し製造される天然黄体ホルモン(プロゲステロン:progesterone)の分子構造は人体内で分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン:progesterone)と同じで、その作用も同等とされています。体内で分泌される黄体ホルモンと区別するために天然黄体ホルモンと呼ばれています。



プロゲステロン(progesterone)とは、ステロイドホルモンの一種です。その作用としては、女性ホルモンといわれるエストロゲンの働きを補足してホルモンバランスを調整する作用があり、妊娠と出産には不可欠なホルモンで、黄体化ホルモンの分泌異常、つまりプロゲステロンの分泌が正常でないと流産や不妊の原因になります。



プロゲステロンは成人女性の排卵期から次の月経の黄体期に分泌され、エストロゲンの働きを補足して、月経周期を決めます。妊娠しないと約2週間で分泌が止まりますが、 妊娠して受精・着床するとそのまま分泌され続けて、妊娠中期以降には、胎盤からも分泌されるようになります。



そして、細胞内のビタミンEの作用を促進し、(黄体ホルモンとして)女性の妊娠や月経を促すなどの働きをします。その他には、乳腺の発達や体温の上昇に関係したり、生理痛、偏頭痛などを和らげたり、子宮内膜や子宮筋の働きを調整する作用や利尿作用を起こすなどの働きがあるといわれています。



ワイルドヤムからつくられた天然プロゲステロンは受精能力を高め、PMSや更年期障害などを比較的短期間で和らげる働きをし、骨粗鬆症の予防と治療に使用することが可能とされ、関節炎、子宮筋腫、不眠症、性欲改善などに対しても有効といわれています。



しかし、ワイルドヤムを経口摂取しても体内で直接プロゲステロンに変換することはないといわれています。また、プロゲステロンを経口摂取しても肝臓で代謝されてしまい、ホルモンとしての働きをほとんど期待できないとされています。ちなみに合成ホルモンのプロゲスチンなどは肝臓で代謝されにくくすることでホルモンの効果を得ようとしてつくられたものでそのため肝臓に負担がかかることで副作用が懸念されています。
ワイルドヤム配合サプリ 最新一覧 By 楽天

プロゲステロン 含有製品 最新一覧 By 楽天



ワイルドヤムの効能 / ワイルドヤムとジオスゲニン / ジオスゲニンとアルツハイマー病 / ワイルドヤムとプロゲステロン / ワイルドヤムとDHEA / ワイルドヤムと狭心症 / ワイルドヤムの副作用
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。